コメドの対処で炎症を防ぐコスメ

コメドを解消するオススメの化粧品

毛穴ケア

お肌の悩ましいトラブルのひとつ「コメド」とは、一体何かご存知でしょうか?

 

顔のお肌のタイプは大きく4つに分けることができます。お肌の水分・脂分がバランスの取れた状態の「普通肌」、脂分が過多の「脂性肌」、水分の不足した「乾性肌」、そして「混合肌」です。

 

最後の混合肌が、一番多いタイプといわれています。頬やあごは調子が良いのに、ひたい、鼻・小鼻を繋いだ「Tゾーン」の脂分だけが強く、てかってファンデーションがよれやすかったり、メガネをかけている方は滑ってずれてしまったりします。この部分は特に皮脂腺が多いので、このようになってしまいます。

 

一般に混合肌の方というのは、「Tゾーンだけが脂性肌」と勘違いされていて、例えばTゾーンだけ洗顔を念入りに行ったり、乳液を控えるなど間違ったケアをされている方も多いものです。実は、混合肌の方は、全体的に乾燥しきっている方が多いのです。

 

Tゾーンのてかりのメカニズムとしては、乾燥しすぎると皮膚のバリア機能が衰えることを防ぐために、皮脂腺は活発になり皮脂を出すようになります。その結果、皮脂腺の集まるTゾーンだけが異常にてかってしまう、ということなのです。ですから、Tゾーンに対して念入りな洗顔や乳液を控えることは、さらにてかりの原因となります。

 

話を戻しますが、「コメド」とは、古い角質や洗顔で落としきれなかったファンデーションなどの汚れが、極度の乾燥によって毛穴がぎゅと縮んで詰まってしまい、その皮脂腺に蓋をしてしまった角栓のことをいいます

。よく鏡を見ると、おでこや鼻に白く詰まっていたり、小鼻に細かく黒いぷつぷつとしたものが見えていたりしませんか?それが「コメド」です。

 

コメドはそのままにしておくと、毛穴の内部に外に排出されない皮脂をためてしまい、ニキビの原因となるアクネ菌の温床となりひどい炎症を起こしてしまい、色素沈着や毛穴の拡張、ニキビの治った後もクレーターのような重大な肌トラブルを起こしてしまいます。ぜひ早期にコメドを対策して炎症を防ぎましょう。

 

 

コメドの炎症を防ぐコスメはビーグレンです
ビタミンC美容液がコメドの炎症を改善してくれますよ!

 

おすすめのスキンケアはこれです

毛穴ケア

 

 

コメド角栓をなくす方法!コメドの原因と対策はここから